なんだか読みたい気にさせる本のあらすじ

2018/11/03 Sat




音速丸の一億総ゴリラ計画(ニニンがシノブ伝)

突如地球を包囲した65536個の流星(『ブラインドサイト』ピーター・ワッツ著)

東京レーヨンの開発したスケルトンまわし(どうもコラらしいです)




スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは。「密室状態の土俵」にもかなり腹筋をやられましたが、世の中ではいろいろな奇書が発行されているのですね。天駆する法勝寺は映像で見たいです。
何だか勇気をいただきました、ありがとうございました(笑)

Re: No title

椿さんコメントありがとうございます。
独自の世界観を力技でねじ伏せて成立させてしまうのは圧倒的な筆力の裏付けがあってこそですよね。
そこをあえてお笑いに走らずにあくまでも真面目に描写し続けていくのは作者の胸中にそれはもう「リアル」として存在しているからなのでしょうね。

No title

どれもかなり濃い内容な気がして気になります(笑)
こういうの真面目に語ってるのがまたシュールな笑いですよね。
あらすじ大事ですねえ。

No title

こんばんわ
あらすじは大切だと思います

Re: No title

ジャムさんコメントありがとうございます。
文化の日に読書の秋…ということもあってとりあげてみました。
こんな読書体験のできる人はいいなあ、きっと目が肥えているんだなあと思うような上級者向けの本ばかりになってしまいました(笑)

Re: No title

ネリムさんコメントありがとうございます。
あらすじは言わば宣伝部長みたいなものですからインパクトを焼き付けるためにも大事ですね。
これで売れ行きの方も断然違ってくるそうです。

No title

バンドル太郎さんの「目の付け所とセンス」に感服しちゃいました。さすが!

こんばんは

自分だったらぶっ飛びすぎてるあらすじで「えっ?」ってなったりしそうだなぁ~。

No title

何だかすげぇぶっとんだ話ですね。
音速丸がゴリラに咬まれて音ゴリ丸とかわけわかめですね。
ゴリとラーみたいな猿人になっちゃったんでしょうか。
最近のラノベはここまで来ましたか。
えっこれラノベじゃなくてノンフィクションなんですか?
スケルトンまわしってヤバくないですか(;^_^A

Re: No title

nannoさんコメントありがとうございます。
私のような門外漢でも、細かいネタの笑いどころがなんとなくわかってしまうような気持ちになるというのは、
どこかに普遍的なユーモアが備わっているからなのでしょうね。
お褒め頂きありがとうございます。

Re: こんばんは

よしおさんコメントありがとうございます。
「仏教とSFの融合」っていうキャッチフレーズもぶっ飛んでいますが
異なるものの出会いが新たな感覚を生み出して私たちの先入観イメージを洗濯してくれるようなものなのですね。

Re: No title

ponchさんコメントありがとうございます。
ゴリとラーってスペクトルマンのネタだったんですか。
画像を調べたら結構シュールな絵面で笑えました。
スケルトンまわしの方はどうやらコラ画像らしいのですが、このバカバカしさはもはや職人芸の域ですね。

こんにちは

自分はそんなに最初からあらすじで買ってないなぁ~。
文庫なら表紙の絵で興味をそそられる感じなのかってので選びますね。
後は、魔法だとか冒険記だとか探偵とか、タイトルのだいたいのジャンル的な感じとかを把握したり~。
その後で買う要因としては、あらすじがくるかもなぁ(・。・)

Re: こんにちは

よしおさんコメントありがとうございます。
何を買いたいかにしても、まずは物語のジャンルで期待感を膨らましますよね。
ひいきな作家さんがいればよいのですが、あらすじが面白そうでも知らない作家さんの作品を買うのは
少し勇気が要りますね。
プロフィール

Author:バンドル太郎
フォルダを作るまでもない画像のまとまりをちょこっとまとめてみました

ランキング参加しています
にほんブログ村 お笑いブログ 面白画像紹介へ
にほんブログ村

月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
お問い合わせ
本ブログに掲載している画像の著作権は、各製作者様に帰属しております。 著作権や肖像権に関して問題がありましたらこちらまでご連絡お願いします。
FC2カウンター
Useful Links
リンク
RSSリンクの表示