北海道にいないアイツ

2018/11/24 Sat

この画像は<閲覧注意>カテゴリの記事です。
苦手な方もいらっしゃると思うので<続きを読む>からご覧ください。
Gスプレーを吹きかけるペンギン2号(輪るピングドラム)

お皿割れちゃった…
「黒い生命体」/「comet」さんのイラスト [pixiv]




ゴキブリたたき258円・スリッパとしても使える

こちら葛飾区亀有公園前派出所 ゴキブリ大レース

萌えるゴキブリ娘
WILDっ娘nest クロゴキブリ

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

お疲れ様ですこんにちは。

日本全国津々浦々、人々を恐怖のどん底に陥れる漆黒の悪魔《G》……。と思いきや北海道には生息せず、北海道民は勿論その恐ろしさを知らないと聞いた時には私も驚きました。移り住めば《G》のあの脅威から逃れられるのですが……いかんせん、あの厳しい寒さや雪にはもっと耐えられそうにもないですね(笑)。

Re: No title

月華さんコメントありがとうございます。
衝撃的なことに最近では札幌などの繁華街で見られるといった報告もあるそうですが大方の道民は見たことがないそうですね。
実家の田舎にあたる沖縄では《G》のことを平たいという意味の「フィーラー」とも、飛ぶフィーラーなので「トービーラー」とも呼ばれており恐れられています。
幸い田舎の滞在中に目撃したことはないのですが、飛ぶなんて怖すぎますね。しかもデカいそうです。

No title

昔、都市伝説だったらしいですが、TV番組中に、ゴキブリを食べた男がその後死んだ、という噂がありましたが、数年前、アメリカで、生きたゴキブリを大量に食べた男性(ショーで食べた)が、胃壁や腸壁を囓られて、体内に潜り込まれ、結果、死亡した、という記事を読みました。都市伝説ではなく、ゴキブリを生きたまま食べるのは危険だそうです(誰も食べないとは思いますが)

ま、まるちゃん・・・

まるちゃん焼きそば、それはペヤングに対する嫌がらせだね。ちょっと関心せんよー。

Re: No title

nannoさんコメントありがとうございます。
ひいいぃぃ!(悲鳴)、《G》はただでさえ生命力が強いのに、体内でも生きて活動するなんて
…考えたくもありませんね。無茶もほどほどにしないといけませんねしかし。

Re: ま、まるちゃん・・・

miss.keyさんコメントありがとうございます。
ペヤングはあれから異物混入対策も徹底して、「麺だばぁ」の事故も起きないシール蓋に生まれ変わりました。
あの紅しょうがの入ったふりかけが好きです。久しぶりに食べてみたいな。

先ほどは

コメントありがとうございます
まだ中古の家には出ておりません
ラッキーですが、出たらおぞましいです
きゃーじゃないギャーってなりますね!
怖い怖い・・・・

Re: 先ほどは

きらりさんコメントありがとうございます。
数年前に引っ越してから初の遭遇をしてしまった時も、「なんで?どこから入ってきたんだ!?」って
疑問に思ったりしたものです。奴はどこからでもやってくる…。
特に水回りは気をつけたいですね。

No title

自分はワリと平気です。
そう・・・私の顔面めがけて飛んで来さえしなければ・・・

No title

あら北海道にはいないんですね!
この前我が家にもやってきててんてこまいでしたよ(笑)

Re: No title

山田@さんコメントありがとうございます。
私はいきなり叩き潰すのは苦手で、スプレーで動けないようにしてからじゃないとやっつけられないですね。
あのわさわさいう感じがだめなんです。ちょっと情けないですけど。

Re: No title

ジャムさんコメントありがとうございます。
居間でくつろいでそろそろ眠くなってきたなあってちょっとキッチンを通りかかったらいきなり現れる《G》。
そんなことになった日には上へ下への大騒ぎになってしまいます。
興奮して眠れなくなることも…。
プロフィール

Author:バンドル太郎
フォルダを作るまでもない画像のまとまりをちょこっとまとめてみました

ランキング参加しています
にほんブログ村 お笑いブログ 面白画像紹介へ
にほんブログ村

月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
お問い合わせ
本ブログに掲載している画像の著作権は、各製作者様に帰属しております。 著作権や肖像権に関して問題がありましたらこちらまでご連絡お願いします。
FC2カウンター
Useful Links
リンク
RSSリンクの表示